« PS2『花帰葬』5.8.4のエンド | トップページ | 花帰葬サントラCDの事 »

2006/07/20

今更、ダヴィンチコード

やっと観てきました。

思っていたよりも全然面白かった!
あらすじは、なんか宗教云々で難しいので省きますが
原作を読まないで観た私でも結構 理解出来ました
この映画の見所はやっぱ謎解きだと思います
最初のルーブル美術館の館長の死体の暗号から
次々とラングドンが解き明かして行く所は観ていて
楽しかったし
キリストの謎からその歴史まで関わった深いストーリーは
結構説得力あり、引き込まれました
ただ、やっぱり小説3冊をたった154分に納める
というのは不可能であって

何故、物語後半に警部があれだけ執拗にラングドンとソフィーを
追っていたのに手のひら返したように2人を逮捕せずに
リーを犯人として逮捕したのか?とか
他にも多々説明の省かれていた部分があって
小説を読んでない人は
「え、なんでいきなりそーなってんの?」といった
疑問が出てくる
私と見に行った友人は逆に読んでから観た人だったので
説明して貰いました
人物同士の接点とかいきさつなどが映画には
殆ど説明されておらず
人間関係がよく判らない部分が多かった。
でもそれを差し引いても私は
謎解きとサスペンス、テンポ良く進むストーリー
そしてキャストが良かったので楽しかったです

個人的には映画→小説と観た方が
想像力湧いて原作が読みやすいかと
思います
え、私は多分読まないと思うけど
そう思いマスです

所で、ソフィー役の人「どっかで観た事あるな~」と
思って観てたんですが
エンドロールでオドレイ・トトゥって書いてあって
初めて「アメリだっ!」と気づきました
ホント素敵な女優になりましたよね~
彼女の映画は「アメリ」「ロングエンゲージメント」以来
3作観た事になるのか~意外と観てるな私。

« PS2『花帰葬』5.8.4のエンド | トップページ | 花帰葬サントラCDの事 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« PS2『花帰葬』5.8.4のエンド | トップページ | 花帰葬サントラCDの事 »

news





  • BGM「雨やどり」配信元VAGRANCYさまのサイト


auction




  • マイ・オークション良かったら見てね

shopping


  • ライラニア 【初回限定盤】