« 2007年11月 | トップページ | 2008年2月 »

2007/12/30

今更コミケの話とか・・・?

もうなんだか今更なんだけどコミケ12/29行ってきました

完全防寒対策でホッカイロとか買っていったんですけど
無駄に暑かったです。
1人で行くとか言ってましたが
結局友達も欲しい物があって着いて来て頂けて
大手のサークル並びをお願いしたりで
SEEDのみで3万くらい買ってきました
3万買ったと言っても
大手のサークルの本を再録本のみまとめ買いで
1つのサークルで1万買ってたりで
あんまり豊富感が無いっつーか読み甲斐がなかった
おおぉ~もっとあすしんを~<とにかく少なかった
6月のオンリーに期待したい所・・・^^

今回初めて企業ブースに行ってきました
アットゲームズの資料集を買う為だけ
(更に言うと資料集に付いてるセルフィ衣装が欲しいが為だけ)なんだけど
入口は他のブース狙いの人でごった返してたけど
アットゲームズ(GCREST)のブースは可哀想なくらい閑散としてました。
おかげで並ばずに済んだ<それだけが救い。
しかし全部のトレカ(衣装)を揃える為に同じ資料集を3冊も買わせる販売方法は
どうよ?
あんな薄っぺらい資料集なら
各デザイナーごとに3種類の「資料集+トレカ+セルフィ衣装」って
感じにすればいいのに・・・

まあいい、まあいい
コミケ夏はどうかな?
行けたら行きたい・・・先の事は分かんないけどな

2007/12/26

キノの旅 病気の国

DVD キノの旅 病気の国 観ました
なんか絵がきれいに洗練されましたねえ
以前のテレビシリーズとは大違いで
キャラデザも黒星紅白さんの絵に近づけてあって
すっかりあか抜けて可愛いくなっちゃって。

勝手な自分のイメージしてた自分の感想でいうと
なんかキノが女の子っぽい(いや、女の子なんですけど・・)
ちょっと明るい(?)
感じになってしまってて「あれ?」って思ってしまったんですね。
キャラクターの絵だけじゃなくって
今までの作品には画面上にうっすら横縞の模様が入ってたんですよ
画像の乱れとかじゃなくって演出上のもんだと思うんですが
それが独特な味があって個人的には気に入ってたんだけど
無くなってしまいましたね・・・
もう、その辺のアニメと変わらないきれいで可愛い当たり障り無い
良くも悪くも無難な作品になっててちょっと見終わってガッカリしてしまった
物語の読後感(この場合視聴後感?)がないんだよな

う~ん、自分で書いてて分かんないくらいだから
こんな風に思う人は多分いないんだろう

ぶっちゃけちょっと不細工な絵でもテレビアニメの時の方が
どの物語も印象的で良かったかなと。
病気の国ってこんなにあっさりした話だったっけ?
原作を読み返さねば・・・

4840240809 キノの旅-the Beautiful World-わたしの国 (電撃文庫ビジュアルノベル)
時雨沢 恵一 黒星 紅白
メディアワークス 2007-12


by G-Tools

2007/12/25

クリスマスのバカヤロー

なんつーか、クリスマスのせいで仕事に明け暮れてました
不景気とか言ってますけど
みんな結構買い物してますよねえ~
わたしが働いてる玩具売り場でも
DS本体とかwii本体wiifitとかPS3とか飛ぶように売れましたよ
おかげで前半不調だった予算もクリアして一安心。


これから正月と休む暇がない、でも休むよ!コミケ行くから^^
そんなわけで今日はクリスマスの落書きなど・・・

Card

2007/12/12

もうすぐコミケですね~

毎回迷ってる気がするが・・・
行くか迷って結局行く事にしました。
友達と休みが会えば泊まりで行きたかったんですけど
合わなかったので・・・
でも1人でも行くぜ~☆<カラ元気

来年の自分はまだSEED好きでいるんだろうか?
コミケに行くと徐々に減りつつあって寂しいな~と思いながらも
前はもっと貪欲にサークル巡りしたもんですが
いまは好きなサークルの本が読めればいいやって気分になってるし
集めていたフィギュアも出来の悪いのはアスランとシン以外は
捨て始めています。

でもなんだかんだ言ってもコミケは楽しみ♪

それよりも映画の話どうなったんだろうね?
やはり、中止ですかね?てか中止でしょ・・・(T_T)

Uranaiasshin
最近購入のアスランとシン 占いです。ラブリーっす

2007/12/10

12/5椿三十郎

椿三十郎観てきました

感想をひと言で言えば良くも悪くも「娯楽作品」だなと言う感じです。

織田裕二の剣さばきはすばらしかったし松山ケンイチの演技に笑っちゃったり<コミカルな演技
敵のマヌケッぷりに突っ込みつつ楽しかった。

舞台は結局隣り合わせの屋敷だったりしてもの凄くご近所物語です。
なんて言うか映画を観ると言うより「舞台を観てる」感覚です

もうちょっとストーリーに深みがあると良かったのにな~と・・・
ぶっちゃけ裏設定(人物背景)がないんでストーリーに深みがないんです
椿が頼りない仲間の手助けをするのにも
唐突でなんで助けてるのかの理由がないので共感出来ないし
ライバルの室戸半兵衛との対決も昨日今日あったような関係で薄っぺらい。

映画観たあとに友達と妄想(苦笑)働かせて色々考えちゃいましたよ



妄想を読んでみる>

続きを読む "12/5椿三十郎" »

« 2007年11月 | トップページ | 2008年2月 »

news





  • BGM「雨やどり」配信元VAGRANCYさまのサイト


auction




  • マイ・オークション良かったら見てね

shopping


  • ライラニア 【初回限定盤】