« 2007年12月 | トップページ | 2008年3月 »

2008/02/16

君のためなら千回でも

昨日ストレス解消に1人で「君のためなら千回でも」を
映画観てきました

会社でこの映画を観に行ってきたと言ったら
タイトルのイメージでもの凄くベタベタな恋愛映画と勘違いしたようです
全然違います。
友情とか絆がテーマの映画だと自分は思ってます。
邦題はダサダサな気はしないでもないけど
映画の中で言う台詞から取ってるんですよね
ハッサンが親友であるアミールのために
飛んでいってしまった凧を取りに行くときに言う台詞。
この台詞にはハッサンがアミールに対してとても好きという気持ちと信頼が
込められてるんだろうな~って映画を観てて思いました

こんなにも信頼出来る友達がいるって事がすばらしいって思った事無かった
現実にどれくらいの人が
お互いが心から信頼しあえる友人がいるだろうか?

この映画の見所は凧上げのシーンだと思う。
原題がカイトランナーって言うのを後から知って成る程って思った
空に色とりどりの凧が上がってて
競い合う迫力のシーン
たかが凧なのに・・・ドキドキしながら観てる自分がいた

アフガニスタンが舞台の映画は初めて観ました
原作者がアフガニスタンからアメリカに亡命した経験を元に
この小説を書いてるそうです。
現実問題、この映画の中にあるようにアフガニスタンでは
罪もない人が殺されたり
子供たちが犠牲になってるのかと思うと何だか辛いです

適当に選んで見に行った映画だったけど観てよかったなと思う映画でした
おすすめです
1人で観に行って2回ほど泣いてしまいました
上映してくれてサンキュー!!シネプレックス!!(笑)

カイトランナーって原題が付いてるのも何となく判る気がします。
この映画の内容自体(人生そのものがカイトランナー)
The Kite Runner翻訳すると笑っちゃう事に凧ランナーと出るけど
多分「凧を追いかけるもの」って自分では解釈してます。
少年時代に自分のために飛んでいった凧を追いかけに行ってくれた友達を
20年後、今度は自分がその亡き友人のために
その息子を救うために行方を追いかける
そう言う映画だと思います

君のためなら千回でも スペシャル・エディション

2008/02/12

鎌倉行ってきました

鎌倉行ってきましたheart04
と言ってもちょっと前の話だけど・・・

昼頃に鎌倉に到着して
おいしいと噂のカフェに行く事になってたんだが
場所がわからなくて何度も同じ道をグルグル歩いてて
そのたびに人力車の兄ちゃんに
「そこのヒステリックグラマーの二人~乗っていかない?goodwink」って
言われて恥ずかしかった・・・
(お揃いじゃないが友達とヒスの服着てたんで・・・)

そんなわけでカフェの名前は
『カフェ・ヴィヴモン・ディモンシュ(cafe vivement dimanche)』
です
とりあえず滅多に来れない場所なので食えるだけ食おうって事になり
カフェらしからぬテーブルに乗らないくらいメニューの
頼み方しちゃいました
オムライスとゴーフルとかメニュー覚えられんかったんで
写真で勘弁
Kamakura00005_3
どれも、とーーーーーーっても美味しかったですheart04
食べてて幸せ感じましたよ。ピエールエルメの紅茶を飲んだとき以来の感動でした

ランチしたあとは鶴岡八幡宮でお参りして
江ノ電trainに乗って(フリー切符を購入)
Kamakura00003_2

由比ヶ浜で海を堪能mist
Kamakura00004_2
海を見たのはホントに久しぶりでした。

鎌倉の大仏をみました 鎌倉の大仏見たのは初めてです。
危なかった・・危うく閉館になるとこだった<暢気に海見てたりするからだ
大仏の中には入れなかったが
外観見れただけでも良しだ!
Kamakura00001_2

江ノ島につく頃には夜でお店が殆ど閉まってたsad
でも名物らしいしらすご飯をガッツリ食ったぜdelicious
Kamakura00002

江ノ島は全然見られなかったので(夜で真っ暗、海も見えなかった)
また行きたいです。

帰りは優雅にロマンスカーで帰りました
かなりハードスケジュールで観光してきたよ

つか、もっと早く来て行動しようよ・・・反省・・・think

2008/02/02

スウィーニー・トッド

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師
観てきました。

なんつーか見終わった感想としては
後味の悪い映画でした
物語の展開に救いがないっつーか暗いし残忍だし

単純なストーリーではあるけどストーリー自体は良い
妻を殺され謂われない罪で捕まった事で復讐を誓う主人公
そしてそんな主人公を一途に慕う女性・・・
それぞれの想いが通い合わない(みんな別の人を思ってる感じ)もどかしさみたいな感じで
悲しい物語です

ミュージカル仕立てになってて見てる最中は結構楽しかった
(もともとミュージカルだったものの映画化だからそうなんだが)
役者さんみんな歌が上手いなーと感動しました

シザーハンズに雰囲気は近い?(似てないけど)
チョコレート工場もシュールだったけど
それを上回るシュールさだったな~
パイレーツオブカリビアンのジョニーデップをイメージして
この映画をみるとかなりショック受けるかもしれない
でもティムバートンの映画としてみるならこんな感じか

これから見に行く人は覚悟してから見に行きましょう

« 2007年12月 | トップページ | 2008年3月 »

news





  • BGM「雨やどり」配信元VAGRANCYさまのサイト


auction




  • マイ・オークション良かったら見てね

shopping


  • ライラニア 【初回限定盤】